治療におけるダウンタイムとは何をさしますか?

施術後はどうしても腫れやむくみが出ます。

それがきれいになくなるまで、治療法によっては長い期間を要します。

◆施術後から復帰までの期間のこと。

ダウンタイムとは、たとえばアグネスのニキビ治療を行なってから社会復帰可能となるまでの期間のことです。

この用語は専門用語なので、ニキビ治療だけではなく、施術を必要とする事柄については良く使われています。

とくに 美容整形の分野では麻酔による腫れを起こしやすく、ダウンタイムの短さが、社会復帰の早さに関わってきます。

◆細い鍼と高周波、ピンポイントが決め手。

麻酔だけではなく、手術による後遺症としての腫れ、むくみ、さらにはアザなどといったものもできます。

そのように考えるとダウンタイムがどうなるのか、非常に気になるところです。

アグネスのニキビ治療は、非常に細い鍼で、患部(皮脂腺)に対して直接高周波を送り届けるので、周囲の皮膚を傷つけることがありません。

そこがレーザー療法と違うところです。

そのぶん、ダウンタイムの期間が短く、日常生活を取り戻すまでの時間が短期です。

◆せっかくニキビ治療を行なったのに、ダウンタイムの期間が長ければ周囲の目も変わってきます。

それが短いというのは踏み切る基準にもなります。

日常生活に早く戻れるというのがアグネスのニキビ治療です。

しかも皮脂腺そのものを破壊してしまうので再発がありません。

いまアグネスが人気なのは、ほぼこの2つの理由からです。