古いデザインの立爪ダイヤの婚約指輪をリフォーム

婚約指輪のリフォームは、立爪のダイヤリングが使いにくい、日常使いができないなどの理由から、ペンダントなど日常に使える別のアクセサリーにリフォームする人が多いようです。

また、婚約指輪として、義母や実母が結納でもらった指輪を託されるということもあるようです。

≪関連サイト≫彼ママの婚約指輪をリメイク|結婚・結婚式の相談広場

その際、古い指輪をリフォームに出して、新しいデザインにして婚約指輪として使うというのも人気です。

家族の歴史がある大切な指輪ですから、自分が婚約指輪として使った後は、子どもの代につなげて行こうという人もいます。

鬼爪とも言われるタイプのリングをリフォームするのは、リフォーム業者の得意とするところ。

シンプルでモダンなデザインにリフォームすることで、日頃使いができるようになって、しまいこんでいたダイヤにも出番が増え、楽しくなります。

せっかくの高価なダイヤも、仕舞い込んだままでは価値がなくなってしまうので、リフォームは人気が高いのです。